名作劇場

てっしーのて・ぶ・く・ろ

投稿日:2018年2月2日 更新日:

てぶくろ


おじいさんが森を歩いていました。

おじいさんはてぶくろを落としてしまいました。



そこへカエルがやってきました。

あらいいてぶくろねえ。あったかそうだし。

ここで暮らすことにするぴょん。


わあ、ぼくにちょうどいいや。


するとカモシカがやってきました。

いーれーて!

えー!ちょっとだけよ・・


カモシカも入ってしまいました。

きゃー(≧∇≦)

カエルきもーぬるぬるするー

なにおう!?けんか売ってんのかこら


ちょ、ちょっと・・・勝手に入ってきてやめてっ!

つのが当たるー

いーれーて。

そこへ仔犬のふりをしたオオカミがやってきました。

きゃいんきゃいん

ラブリー仔犬よ。とって食わないわ。安心してください。


へっへっへっ

ラブリー仔犬とみせかけて実はオオカミだったのだ!

食べてやる!

きゃーやめてー


ぬるぬるするー

つの当たるしー

ちょっとーてっしーの中で暴れないで~

そこへクマがやってきました。

うおーうおーのっそりぐまだぞー

はいっちゃうぞー

いやーもう無理です。

ぬるぬるのいるし。

つの当たるし。

凶暴なのいるし。

はいっちゃうぞー


ぐいっ

ほーらぴったり。

ぎゃー


そこへ変な生き物がやってきました。

おっなんか楽しいそうやなー

わいも入れて!

ぎゃーぎゃー

ぬるぬるだし。

つの当たるし。

凶暴なのいるし。

でかいのいるし。

もう無理―

はいっちゃうもんねー


ぎゅうっ

てっ、やめてー

てっしーは家じゃないよー

寝袋じゃないよー

てぶくろだよー

勝手に入らないでー

てっしーはもうパンパンです。


そこへカバがやってきました。

ぼくも入れて

誰じゃー

ヒポポタマスアンフィリビスだよ。

ヒポッ?

もう無理だよー

すきまないよー

ぬるぬるだしー

つの当たるしー

凶暴なのいるしー

でかいのいるしー

変なのいるしー


無理だと思うから無理なんだ!

自分の限界を超えろ!

で来ると思えば何でも出来る!


むぎゅうっ


ぎゃーぎゃー

もうてぶくろはパンパン、阿鼻叫喚の地獄絵図です。


むげげ・・・もう限界・・・

その時です。

わんわんわんっ犬の吠える声がしました。犬を連れたおじいさんがてぶくろを取りに戻ってきたのです。

動物たちはいちもくさんに逃げていきました。


おじいさんはてぶくろを拾って帰りましたとさ。

おしまい

-名作劇場
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

あっしーの、つくろい絵と旅する男

ある暖かい薄曇った日のことです。 私はひとり、海沿いの路線を汽車に揺られていました・・・ がらんどうの車内になぜか乗客はわたしひとり・・ とある駅で、大きな風呂敷包みを抱えた、奇妙な紳士が乗り込んでき …

あっしーの鏡地獄

私の友人にAという男がいるのですが、Aの身の上に起こった奇妙な話をきいてください。 この男はなぜだか鏡にうつる景色に興味をそそいでいて じーっ あしっ(にこっ) じーっ こんな調子で鏡ばかりながめてい …