comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

あっしーの、つくろい絵と旅する男

ある暖かい薄曇った日のことです。 私はひとり、海沿いの路線を汽車に揺られていました・・・ がらんどうの車内になぜか乗客はわたしひとり・・ とある駅で、大きな風呂敷包みを抱えた、奇妙な紳士が乗り込んでき …

地球最強の生物、クマムシを見つけるあしー!

  おさんぽおさんぽたのしいあしー むむ? じーっ なんかいるあし あっしーの視力は時にミクロレベルまで見通せてしまうのだ 今、苔の中でなんかもぞもぞ動いて、つぶらな瞳がてんてんっとあって、 …

あっしーの鏡地獄

私の友人にAという男がいるのですが、Aの身の上に起こった奇妙な話をきいてください。 この男はなぜだか鏡にうつる景色に興味をそそいでいて じーっ あしっ(にこっ) じーっ こんな調子で鏡ばかりながめてい …

またなんか来たぞ!うさきんぎょがいじわるするー、の巻

至福のひととき・・・大人の味あし・・ むしゃむしゃむしゃむしゃ!   ふ~ったまらないあし~ あしっ? しゅしゅしゅしゅっ もらったー! うしししし 俺のものは俺のもの お前のものは俺のもの …

てっしークエスト~失われた顔を求めて~

顔を失ったてっしーは自らの顔を求めてあてどもない旅に出たのであった。 あるときは奥さまの日よけ手袋として そしてまたあるときはお子様の手の保温に そしてまたまたあるときは引っ越しの頼れる相棒として・・ …